買い物依存症

貯金箱

特徴と治療方法について

買い物依存症というのは、一種の抑うつ状態にあると考えられており、心理的な問題が行動に影響を及ぼしていると言われています。お金を使ってしまう病気であり、欲しくもないのに買い物をしてしまいます。もし、クレジットカードを所有していると歯止めが効かなくなり、最悪の場合には破産するまで買い物をやめることができないこともあるのです。お金を使ってしまう病気の特徴は、ストレスを感じると買い物でそれを発散しようとします。買い物をしているうちは気分が良いものの、家に帰って我に返ると悪循環に悩まされてしまうこともあります。また、買い物依存症の場合必要のないものであっても買わなければ気がすまないため、買い物をしないという選択肢は考えられないのです。こうした行動に一つでも当てはまる事があれば、買い物依存症を疑うことができます。買い物をすること以外で心のスキマのようなものを埋められないことから、ついつい衝動買いに走ってしまい、気が済むまで欲しくもないものを購入してしまうのです。

では、買い物依存症の症状を改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。まず、精神科または心療内科の治療を受け、買い物への依存度を下げることが大切です。クレジットカードを使ってしまうようであれば、家族の協力を得ながらクレジットカードを使わない生活に慣れることが大切です。また、お金を使ってしまう病気である買い物依存症は、社会的な問題として受け止められていることから、自助グループの力を借りることができます。特に、都市部ではお金を使ってしまう病気に悩む人が多いため、悩みを聞いたりケアサポートを受けたりすることで、買い物依存症からの脱却を図ろうという取り組みがなされているのです。また、地道にはじめられる治療方法として、現金のみで生活をし、出費はきちんと家計簿をつけて管理するという方法があります。これを徹底することで、自分が使えるお金がどれくらいあって、どれくらいのお金を使ったのかがひと目で分かるようになるのです。実際、家計簿をつけ始めてから買い物依存症から脱却したという人も多いです。

Copyright© 2020 必要以上に買い物をしてしまう人は医療機関で検査を All Rights Reserved.